AIKAからAIONへ移行しました

ツイッター
非常ボタン
FC2カウンター
プロフィール

RedMagic

Author:RedMagic
AIONジケル天族でソードウイングをやってるRedMagicとレギオン聖剣工房の記録ブログです

最新トラックバック
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


国家種族というもの
Category: 雑記  
ただの回想記事です


RFんときに族長(AIKAでいう国王、AIONでいう総司令官)とかやってたわけですよね

そのときにわりとよくあったケースなんだけども

文句があるのか、じゃお前やれよ

この言葉をよく聞きました
これはランカー(AIKAでいうとアルコンとかマーシャル)の立場でのその言葉と、一般の立場でのその言葉ではそれは大きく変わります

国家戦争ゲームにおいてランカーというのはその種族を代表する盛り上げ役だったり舵取りだったりするわけですけども、RvRって種族をいかに盛り上げるか、そして盛り上がるか否かというのが大事だったりします

立場的には戦国時代なら大名とその家臣なわけですよ

ゲーム的な立ち位置としては汚れ仕事もなんでもやらなきゃいかんというか、国家種族の大局を左右できる立場なんですよね

だからできることはなんでもやるしなんでもやらなくてはその立場である意味がない

その結果文句がでようが、愚痴がでようがそれはそれで受け止めないといけない

それができなきゃやってる意味はないわけです

だからこれこれこうしてほしいという一般プレイヤーの要望に対して、じゃあお前やれよ というのも問題になっちゃうわけですよね

俺の場合は種族PBや種族オークション、他種族との協定の交渉に、戦争指揮なんでもやってきたわけですが、本当にその言葉を一般に向けたことがあるのは気違いみたいな約1名だけでした(種族イベントなどを邪魔妨害する荒らしに対してのみ)

ただ、大半からいわれるような愚痴文句=要望の場合は種族会議をし、種族投票をし、提案をし、対策をし、方向付けをしてきました

みながやりたがらないことは大方全部自分でやれるだけやってきたつもりです

非常に面倒です、面倒ですがやってきました

これはえらいねーすごいねーといわれたいからやってたわけではなくて、そういう立ち位置にあったからやってきたわけです

逆を言えばそういう自覚がなければそういう立ち位置にいくべきではないと思います

「じゃあお前やれよ」

という言葉は、汚れはお前がやれよ俺は好きなことするし となるわけですが、ランカー(マーシャルアルコン)の立場においてはこれは向けられる言葉であっても決して向けてはいけない言葉・気持ちでもあるのです

言葉に発しなくても、ランカーはやりたいでも要望は面倒だから無視するとか、自分がよければいいから他なんてどうでもいいなんて思ってると、あっという間に種族ぐるみで衰退します

いかに一般から出る言葉を愚痴文句と捉えるか、国をよくするための1つの意見として捉えるか、そういうところで大きく変わってしまうわけですよね

RVR(勢力vs勢力)あれば、それは一人でやるゲームではないわけで、必ず国家種族という大きいくくりが絡むわけです

そういう括りを代表する立場に出るなら、ゲームといえど本気で覚悟を決めなきゃやってはいけない部分ではあると思います

自分だけたのしいやりたいで、大局をぐっちゃぐちゃにしたあげく、飽きたからやーめたでいなくなるんではそれはただの荒らしと変わらないんです

やるにしても俺は楽しいと思ったからこうする!じゃダメです

俺は楽しいと思うみんなはどうかなどうしたい?でないとあかんのですよね

もしそういう立場になったときに、その役割を果たす覚悟が決められないならその壇上に上がるべきではないし、上がっているなら潔く降りるべきではあるとおもいます

裏を返していうなら一般側とすればそういう立場になった人に対して汚れ役だけを求めるのも一考すべきだとは思います

すっげーいまさらな記事ですよねwww

2年ほど国家種族というものを動かしてきたとはいえ、何年前の話なんだよwwwって感じですがw

まぁなんで突然こんな記事を書いたかというと、最近AIONでよくRF出身の人とかAIKA出身の人とかと出会うんですよね

昨日ちょうどそういう話がAIONでのフレンドから出ていろいろ話をきいてるうちに、あーそういえばそうだったなーと思ったのでネタ不足なのもあって記事にしただけですw

まぁ最近RFから移ってきたよAIKAから来たよって人からいろいろ聞くとやっぱランカーやらマーシャルアルコンやらに結構ためこんで、どうしようもなく楽しめなくなったから別ゲーに切り替えちゃったって人結構多いですね

一般ならそれでいいと思います

でも責任ある立場にある人はそれではいけないとおもうんですよね
種族国家のにぎやかしであるはずの位置にいる人が、自分が要因で種族国家の人を減らしてはまずいわけですよ

楽しいからやる!と思わせてなんぼですよね

そこがランカー(マーシャルアルコン)のゲーム性であると俺は思います

楽しいか楽しくないかがゲームではあるけど、ゲームの中での立場立ち位置ってとても大事なんです

一般とランカーっていうのは野球でいうと双方には監督と選手くらいの差があるわけですが、それぞれが同じ目線で物事判断してたらえらいことになるんです

それぞれの目線でベストをつくしたときに種族国家で楽しいゲームメイキングできると思います

つまりRvRのゲームはそういうことですよねっていうお話

スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。