AIKAからAIONへ移行しました

ツイッター
非常ボタン
FC2カウンター
プロフィール

RedMagic

Author:RedMagic
AIONジケル天族でソードウイングをやってるRedMagicとレギオン聖剣工房の記録ブログです

最新トラックバック
地球の名言Ⅱ

presented by 地球の名言

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR
スポンサーサイト
Category: スポンサー広告  
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


明るい運用計画その1
Category: 要塞戦  
ということで運用計画
現在レギオン倉庫に入ってる魔力弾のストックは1000発分
これを核にして補充を繰り返しつつ魔力弾は運用することになります
で、需要と供給の問題になるわけですが、消費すれば当然補充することになりますが、APなどで変換できる弾には限りがでてきます(こちらの所持APの問題)

ただ、当面は補充にはそこまで困らない計算でいますが、補充を繰り返してストックが500以下になった場合、昨日の会議での話にあった魔力弾のギーナ買い上げシステムを利用して補充することになります

これに関してはAP2500の魔力弾を1.25mで買い取るわけですが、随時買い取ることをすると兵器運用資金のほうが枯渇するおそれがあるので、こちらのレギでの供給が追い付かない状態で、かつストックが一定数を切った場合、3chなどで魔力弾の指定数買い取り依頼の募集を流すことにします

ようするに買い取りシステムはギーナでAPの部分を解決できる究極のシステムですが、要塞戦報酬でのギーナ収支は主に兵器運用による消費が非常に大きいため、極力魔力弾は自力で補充する、一定の基準を設けてそれに達したとき、残弾と資金の運用バランスにより限定数の買い取りを行うというスタイルです

一定数に残弾が達して自力での供給困難となった場合、1発1.25mの弾を基準の1000ストックまでとした場合仮に残500で買い取りとしたら500発の補充をするわけですが単純計算で500発の補充は625mと膨大な数に上ります

む・・無理だ('A`)

というわけで現実問題魔力弾の運用は極力自力でストックしていき、2000発、30000発と多く保有するように計画していこうと思っています

善意の寄付に頼るというのもありますが、これに頼り始めると負のスパイラルが止まらなくなります
これは別ゲーですが、RFONLINEの族長をしたときに、最初の仕事が枯渇した国庫を満たして、かつ核兵器の購入一日3発を満たしてかつ保有核を増やすというときにぶちあたった問題と酷似しています

この時、善意で国庫に複数人が寄付してくれたのですが、寄付に頼った運用というのは安定供給でない上に消費のほうはきっちり発生するというスパイラルに陥ります

このとき自分がとった政策が、上限と下限をきめて種族PBの売り上げの3割を国庫が決められた下限に達した時発生させ、あらかじめ決めた上限に達したとき停止するというものでした

でAIONの話にもどりますが、この魔力弾というのはギーナとAPという2重の供給方法があるわけですが、これも寄付に頼り切るようになってしまうと非常に危ういわけです。
ですのでアルテミスレギオンでは魔力弾の扱いを以下のようにしていくつもりです

・魔力弾は極力レギオン内で補充を行う
・自力でAPによる補充が困難になり、かつ残弾が800を下回ったとき買い取り募集により補充する。
・残弾が下限に達した時、一度に50発を限度に買い取り、50発買い取った時点で、兵器運用に支障がない資金残高を確認し、最大で総数150発まで50発置きに買い取りを出すものとする
・買い取り金額は天族会議で定められた1発1.25mギーナとする
・ギーナ収支の残高は最低でも兵器48台分は必ず残すこと。魔力弾買い取り時、資金残がこれを満たさない場合は買い取りを停止する

一応はこんな感じでやってみようとおもいます
さっそく協力のWISをいただいたりして感謝してます!
みんなの要塞なのでしっかり守れる体制をきちんと構築できたらいいなと思います
スポンサーサイト


Comments

Leave a Comment

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。